繁殖期を迎えてしまう前に!プロによるコウモリ駆除を依頼しよう

女性

卵の死滅も重要

作業をする男性

自宅にトコジラミが発生してしまった場合、自力でのトコジラミ駆除はとても困難でしょう。肉眼で確認することができるものの、数が大量であることがほとんどなので、1匹残らず駆除することが難しいのです。また、幼虫であっても吸血してくるのですが、幼虫であるとさらに肉眼では確認しにくくなるでしょう。吸血されて痒みが発生する虫はトコジラミだけでなく、ノミやダニでも同じような症状が出ます。しかし、大きく異なるのは時間が経過すると痒みが強くなるという点です。ツメダニと言う種類のダニであると、同じように時間が経つにつれて痒みが増していくのですが、噛まれた跡が2箇所であればトコジラミと判断してよいでしょう。昔からトコジラミ駆除は殺虫剤を使って行われてきたのですが、最近は耐性を持つスーパートコジラミが出現しているために、効果がない場合があります。スーパートコジラミ駆除をするのであれば、業者が使用するプロ向けの強力な殺虫剤でなければ対抗できないのです。また、トコジラミは毎日卵を産み続けますので、卵に対する処置も忘れずに行わなければなりません。卵の場合、殻に守られているために強力な殺虫剤でも効果を得られないことがあります。しかし、高温スチームなどであれば、熱によって卵から死滅させることは可能です。トコジラミ駆除は卵ひとつでも残してしまえば、また一気に数が増えてしまいますので、徹底して死滅させなければなりません。業者であれば殺虫剤を使用する以外の有効な方法をいくつか持っていますので、完全な駆除を期待することができるのです。