繁殖期を迎えてしまう前に!プロによるコウモリ駆除を依頼しよう

家

一度で成功させる

屋外で作業をする男性

害獣駆除は、一度失敗してしまうと害獣の警戒心を高めてしまい、駆除をさらに困難なものにしてしまいます。一度で確実に成功させるためには知識と経験がどうしても必要であり、業者に任せるのが安心であると言えます。

Read More...

ベランダの巣は厄介

女性

アシナガバチは比較的攻撃性が弱いとはいえ、刺される可能性はゼロではありません。知らずに近寄ってしまえば刺されることがありますので、巣を見かけたらアシナガバチ駆除を検討するとよいです。

Read More...

数が増える前に対策

作業員

海外ではエボラ出血熱などの致死率の高い病気の媒体であることで知られるコウモリは、日本にも多く生息しています。地域によっては夕方頃に、群れになって飛び交っているのを見かけることができるでしょう。コウモリにとって、人間の住宅の天井裏や倉庫などは住処にするのにちょうどよい場所となっています。小さな隙間からでも潜り込んでくるために、気付かないうちに住みつかれていたというケースも少なくないのです。コウモリはあらゆる伝染病の媒体となっていると言われており、万が一噛まれてしまったり引っかかれてしまったりすると大変危険です。現在では、最も恐ろしい狂犬病に関して、感染する可能性は極めて低いと言われています。しかし、狂犬病以外にもアルボウイルス感染症やハンタウイルス感染症など、重篤化する恐れのある伝染病の媒体となっているのです。野生のネズミと同じように不衛生な生き物であると言われており、接触することによって引き起こされる可能性のある健康被害はいくつもあるでしょう。幸いにも、日本に生息しているコウモリの中に吸血する種類はいないので、今すぐに伝染病の危険があるというわけではありません。ですが、ほかにも糞尿による被害や騒音被害なども考えられますので、コウモリ駆除は早めに行なっておく方がよいでしょう。コウモリ駆除は知識のない人にとっては大変難しいものであるため、コウモリ駆除を専門としている業者に依頼するのがおすすめです。秋頃に繁殖を始めますので、それまでにコウモリ駆除が完了するように計画を立てるのもよいです。

卵の死滅も重要

作業をする男性

肉眼で確認はできても、その膨大な数から自力での完全な駆除が難しいのがトコジラミです。トコジラミ駆除は有効な方法をいくつか組み合わせて行った方がよいので、業者に任せることがおすすめです。

Read More...